第4回理事会報告/LMYC2022年度

ラグナマリーナヨットクラブ

会長 神野富三


11月20(日)今年度第4回理事会を開催しましたので検討、決定した事項をお知らせします。 (レース委員会関係) ・2022年度ポイントレースが終了し、総合成績が決まったのでクリスマスパーティの席で表彰式を行う予定です。 ・ウィンターシリーズはシリーズ3戦にて例年通り募集する。3戦まとめてエントリー(フィー¥20,000)方式。6杯以上のエントリーで実施。 (親睦委員会関係) クリスマスパーティを12月17日(土)18時より、蒲郡クラシックホテルにて開催予定。 募集要領は近日中に郵送予定(ホームページでも告知)。

ポイントレースの年間表彰も行います。 新型コロナ感染症感染予防のため「ワクチン3回以上接種」「陰性証明(PCRないしは抗原検査)」を条件とし、「着席(指定席)」とします。また、感染拡大により緊急事態宣言等が発出された場合には中止を検討します。 (総務委員会関係) 会則により来年4月に理事改選。特に現状では総務委員長が空席(ラグナマリーナ岩永さんが代理している)、広報委員長が会長兼任のため新たなる理事候補者の発掘が必須である。定期総会は、現時点では大会議室にてリアル開催予定。 (その他) ・来年4月30日スタートで「オーシャンスプリングフェスティバル」と称して、関東方面の有志の人等によって、ラグナマリーナ沖から横浜ベイサイドマリーナ沖(八丈島ないしは利島回航)のレースが企画されていて、ラグナマリーナ並びにラグナマリーナヨットクラブが協力要請を受けています。実現されれば何等かの協力をする予定です。 ・10月22日、ラグナマリーナ艇置会員がラグナマリーナ湾口付近にて落水、溺死する海難事故が発生。母港近くでの度重なる死亡事故に対してヨットクラブとして、会員の事故防止啓発活動を行うべきとの見解で一致。次回安全講習会では特にショートハンドでの乗船時の安全対策をテーマとし、ほか折に触れての広報活動を行うものとする。


以上

Recent Posts